会合に参加する

奨学財団から返済不要の奨学金を受け取っている場合、いくつか義務が課せられていることがあります。
条件として成績表の提出が義務付けられていることが多いようです。
また、出欠についても規定がある場合があり、長期に渡る欠席を行った場合は奨学金を停止されることもあります。
また、学業の成績が規定に達していない場合も、奨学金の休止措置を取られることもあります。
なお、多くの奨学財団はオリエンテーションや、会合等の行事を行っています。
その行事についても参加義務が発生する場合もあります。

奨学財団の会合やオリエンテーションは、財団のある土地で開催されることが多いようです。
会合や行事は、奨学生間の意識を高めるために行われることが多いようです。
積極的に参加することにより、奨学生としての意識が高まり、他の奨学生と仲良くなることもできます。
奨学財団によって、参加が義務付けられている行事の種類が異なります。
中には、最初のオリエンテーションのみ必ず参加で、あとは積極的な参加を推奨するというところもあります。
必ず全ての行事に参加を義務付けられているわけではないところもあるようです。
必ず参加なのか、その場合どの程度会合があるのか知ることはとても大切です。
必ず参加の場合、本当に全部の行事に参加できるのかどうか考える必要があります。行事のペースや開催地が遠方の場合ちゃんと行けるか考慮する必要があります。
また、必ず参加でなくてもある程度積極的に参加することは義務付けられています。