書類を揃える

奨学財団から奨学金の制度を受ける場合は、書類を集めて提出する必要があります。
財団によって、必要となる書類は様々です。
多くの奨学財団で必要になるのが、願書や在学証明書、学校の成績証明書、前年度の所得証明書等があります。
また、振込のための銀行口座や、親の同意書が必要な場合もあります。
書類をしっかり揃えることで、受付が可能になります。
書類不備になってしまうと、奨学生募集の締め切りに間に合わなくなってしまうこともあります。
必要書類をチェックし、きちんと揃えて応募することが大切です。

奨学財団の奨学金の募集は大学の学生課等で受け付けていることが多いようです。
多くの財団が、直接単独の出願を受け付けておらず、学校の推薦が必要になります。
大学の学生課やその他の奨学金を扱う窓口から、学校の推薦を受けて推薦書をもらうことができます。
奨学金の詳しい募集要項や、応募書類等も学生課の窓口にあることが多く、相談もそこで行います。
直接奨学財団に相談することはほとんどありません。
また、窓口等では過去に奨学金をもらっている人の情報もあるので、奨学金を受けた人の話を直接聞くことも可能な場合があります。
大学の窓口で問い合わせて、必要事項を確認の上、しっかりと準備していきましょう。
また、奨学金の交付は、奨学金財団によって手法もタイミングも異なります。必要なときに奨学金が入るように、どのような交付が行われるのか確認することが大切です。